スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライターで髪燃やす…いじめが発覚、鷲宮高野球部が春季県大会出場辞退(産経新聞)

 埼玉県立鷲宮高校(久喜市中妻)の野球部内でいじめや暴力行為があったとして、同高が24日から開幕する春季県高校野球大会への出場辞退を県高野連に申し入れ、受理されていたことが23日分かった。

 鷲宮高によると、昨年12月から部内でいじめなどが発生。からかい半分の悪ふざけが、徐々にエスカレートしていったという。

 現3年生の部員3、4人が現2年生の部員5人に、胸を殴る▽スパイクで足を踏む▽コールドスプレーをかけ、ライターで火をつけて髪を燃やすなどの行為が行われていたという。

 被害を受けていた1人の部員から相談を受けた保護者が14日、鷲宮高を訪れ、事態が発覚した。同高は事実確認のために同日、野球部員にアンケートを行い、翌15日には部員と個人面談を行った。19日に全容が判明、20日に県高野連に春季大会への出場辞退を申し入れた。

 鷲宮高は春季大会出場辞退のほかに、5月末までの対外試合の自粛、4月末までの練習自粛、いじめをした部員の自宅謹慎の処分を決めた。

 県高野連によると、20日に行われた春季大会の抽選会後に鷲宮高の柿原実監督から、いじめがあった旨の報告が口頭でなされた。翌21日、正式な報告書の提出と出場辞退の申し入れがあったため、県高野連は受理した。来週中には高野連側から同高に正式な処分が下される予定。県高野連の高間薫理事長は「鷲宮高はしっかりしたいいチームだけに残念」と肩を落とした。

 鷲宮高は平成7年に第67回選抜高校野球大会に出場した強豪校。部内では、前任の監督から「いい選手である前に、いい人間であるべき」と教えられていた。今年4月に監督に就任した柿原監督は「被害にあった生徒には申し訳ない。再発防止に向けて指導していく」と話した。

【関連記事】
グーグルはいじめ動画掲載で利益追求 伊地裁が判決理由を開示
増える子供のネットトラブル 埼玉県教委が保護者にリーフレットを作成
寝屋川女児虐待死 「次女がたたいた」夫婦、言い訳繰り返す
いじめの米高校生9人を訴追 女子生徒自殺で厳しい措置
「部活で仲たがいか」栃木の中2女子死亡

仙谷・枝野両大臣が介護施設を現地視察(医療介護CBニュース)
国会議員バンドのライブに700人…Gi!nz(スポーツ報知)
栃木県でクマはぎの被害拡大 塩那森林管理所が調査(産経新聞)
高速料金でも鳩山政権迷走…前原国交相反発に見直し撤回(スポーツ報知)
<独立行政法人>17独法で海外出張に「支度料」支給(毎日新聞)

<外国人地方選挙権>議員にヤジと喝采乱れ飛ぶ…反対派会場(毎日新聞)

 永住外国人への地方選挙権付与に反対する「一万人大会」(呼びかけ人=評論家の佐々淳行氏ら)が17日、東京都の日本武道館で開かれ、与野党議員が参院選を前に反対の姿勢をアピールした。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は「拒否権を発動しているから(選挙権付与法案は)成立しない」と与党の立場を強調したが、持論の郵政改革に言及すると会場から「関係ないだろ」とヤジが相次ぐ一幕も。

 みんなの党の渡辺喜美代表は「日本は外国人でも日本国籍を取れば首相になれる開かれた国だ」と指摘し喝采(かっさい)を浴びた。平沼赳夫たちあがれ日本代表は「命がけで頑張る」と訴え、自民党の大島理森幹事長も「断固反対」を唱えた。

 一方、民主党の松原仁衆院議員も反対を表明したが、小沢一郎幹事長ら党幹部が付与に積極的なため、会場は「小沢に言え」などのヤジの嵐に。連合傘下の労組で民主党支持のUIゼンセン同盟幹部も壇上で反対を明言した。

【関連ニュース】
全国知事会議:外国人への地方選挙権付与 賛否表明見送り
山岡国対委員長:外国人選挙権法案は今秋以降に先送り
連立政権:社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み
インタビュー:渡邉美樹に聞く:民主党政権に望むことは「信」(1/2ページ)
ファイル:内政・外交・安保 知事会、外国人選挙権の賛否見送る

藤原竜也さん「井上さんの遺志引き継ぎ頑張る」(読売新聞)
“カツマー”の生き方「結婚、子育てで女性は成長出来る」(産経新聞)
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)
介護現場の「ありのまま」描いた映画、17日から公開(医療介護CBニュース)
東寺 「不開門」を開扉 400年ぶりの修理を機に 京都(毎日新聞)

<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)

 第44回蛇笏(だこつ)賞(角川文化振興財団主催)が19日、眞鍋呉夫さん(90)の句集「月魄(つきしろ)」(邑書林)に決まった。副賞100万円。贈呈式は6月18日、東京・丸の内の東京会館で開かれる。

【関連ニュース】
訃報:大野新さん82歳=詩人、「家」でH氏賞
訃報:大野新さん 82歳=詩人
企画展:「ジョゼフ・コーネル×高橋睦郎」 箱宇宙の芸術に詩ささげ /千葉
資料・現代の詩2010:日本現代詩人会が出版 創立60周年を記念し

独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)
<空自談合>国交省が指名停止処分(毎日新聞)
修復終え黒漆塗りも鮮やか 銀閣寺お披露目(産経新聞)
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
首都圏で保育士足りない…地方へ求人活動も(読売新聞)

空気清浄機87万台リコール=発煙・発火事故で-ダイキン(時事通信)

 ダイキン工業は9日、家庭用空気清浄機「光クリエール」など3タイプ(国内49機種、海外9機種)で8件の発煙・発火事故が国内で発生したとして、合計87万台をリコール(無償点検・修理)すると発表した。対象は2006年8月から10年1月までに製造した製品。このうち09年8月以降に製造した3万台では事故はなかったが、発熱の恐れがあるとしてリコール対象とした。
 リコールするのは光クリエールのほか、「うるおい光クリエール」と「クリアフォース」。同社の調査で、電圧を利用して空気中のにおいやほこりを集めるワイヤがフィルターと接触すると、放電による温度上昇でフィルターから煙が出たり、発火したりする場合があることが分かった。実際の事故では、製品の下の床を焦がしたほか、煙を吸った特別養護老人ホームの入居者1人が検査入院したケースもあった。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
「欠陥隠し」に警告=トヨタ子会社幹部
ランサー2400台リコール=三菱自
JTBが首位、日本郵政4位=大学生の就職志望
販売や訴訟に影響も=トヨタ、米政府制裁金への対応検討

<三笠宮さま>白内障で入院 17日に手術
<強制わいせつ罪>女子高生触る 警官を起訴、余罪も 福岡(毎日新聞)
銀座にカーネーションの花壇(産経新聞)
橋下新党 堺市議らに参加を要請(産経新聞)
<お別れの会>大西祥平さん=24日、東京の千日谷会堂(毎日新聞)

<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)

 日本の高校生は7割以上が教科書中心の授業を「好き」と答え、日米中韓4カ国の高校生の中で最も「教科書好き」であることが、財団法人・日本青少年研究所などが実施した「高校生の勉強に関する調査」で分かった。米中韓の高校生の過半数は生徒によく発言させる授業を「好き」と答えたが、日本の高校生では約3割にとどまり、受動的に学習することを好む日本の高校生像が浮かんだ。【本橋和夫】

 調査は09年6~11月、4カ国の計6173人を対象に実施した。「教科書の内容をきちんと教え覚えさせる授業」を「好き」と答えたのは、日本が71.4%と最多で、中国は64.9%。一方、韓国(39.6%)や米国(31.2%)では人気がない。学校外での見学・体験を重視する授業については、中国が91.4%、米国は88.6%、韓国は77.7%が「好き」と回答。日本は64.6%で最低だった。生徒によく発言させる授業を「好き」と答えたのは、中国91.6%、米国73.4%、韓国52.4%に対し日本は33.4%しかなかった。

 成績に対する父親の態度については、「関心が強い」は日本が19.5%なのに対し、他国はいずれも約6割と高い。母親も日本は「関心が強い」は38.9%で、4カ国で最も低かった。

 同研究所の千石保所長は「日本の高校生は全体にわたって勉強への意欲が極めて少ない。親も口出しせず、『まあいいか』という感じが強い。大人も子供もおとなしくなった」と分析している。

桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?(産経新聞)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)
帰ってきた「D51」 指定席は“瞬間蒸発”必至(産経新聞)
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監-警視庁(時事通信)
改正雇用保険法が成立=非正規、失業給付受けやすく(時事通信)
プロフィール

ミスターなおとほんだ

Author:ミスターなおとほんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。