スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スムーズに政権移行=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は5日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易担当相会合の冒頭あいさつで、菅直人新首相の誕生について「同じ党の中での政権交代で、スムーズに政権移行されるので心配する必要はない」と強調した。また、8日の新政権発足を念頭に「現時点では鳩山政権が継続している。それまでの間はしっかり職責を果たしていく」と述べた。
 APEC貿易相会合は札幌市で5日から2日間の日程で開催。岡田外相は直嶋正行経済産業相と共同議長を務める。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
菅新首相と近く協議=米大統領
「菅さんならやってくれる」=新首相にエール

日立、ICTによるグリーン化を推進する「GeoAction100」を策定(Business Media 誠)
<参院選>みんなの党が長崎選挙区で市議擁立(毎日新聞)
元手100円 銀行強盗したかった… 交番で「銃よこせ」 67歳包丁男逮捕(産経新聞)
<菅首相>「大ばか」から協調へ 事務次官に訓示(毎日新聞)
<労働トラブル>全国32カ所で電話相談 5日を中心に(毎日新聞)
スポンサーサイト

【往復書簡】名古屋市政 改革か混乱か(産経新聞)

 名古屋市の河村たかし市長(61)が市議会と対立を強めている。民主推薦で出馬した昨年4月の市長選で打ち出した公約である「市民税10%の恒久減税」や「議員定数・報酬の半額」が、議会の否決で実現していないからだ。市長選で戦後最多の約51万票を得た人気を背景に、河村市長は「減税解散を」と議会解散の準備に奔走。学識経験者として市議会基本条例制定研究会に参加した前衆院議員の片山さつき氏(51)は、減税などで支持を集める手法を「大風呂敷を広げた後に失望を生む民主党政権と酷似」と批判する。対立の果てにもたらされるのは改革か、混乱か。名古屋から日本が見える。

[フォト特集]片山さつきさんは惜敗… “女の戦い”民主の圧勝支えた刺客たち

 □前衆院議員 片山さつき氏

 ■民主党政権と同じ大風呂敷

 地方自治の本質的な問題をえぐり出していて、論点がおもしろいと考えて研究会に参加しました。

 地方が真に自立するには国が規制を緩和し、地方に財政自主権を付与することが必要です。財政自主権といっても使う方だけではだめで、必要な歳入を確保するほうにも自主権がなくては、本当の地方の自立ではありません。

 河村さんの恒久減税はそれに見合う歳出カットがなければ国に赤字を付け回すだけ。「経済力のある名古屋ですら交付税に依存していいのか」「だったらわが町も金を使うほうにカジを切り、尻ぬぐいは国に任せればいい」という悪い見本になり、国中に波及する。

 国の財政危機が待ったなしの状況なのに名古屋から日本が破綻(はたん)、つまり名古屋が日本を「ギリシャ化」させる引き金を引くことを懸念します。この点では減税を1年に限定した議会は見識が高いですね。

 議員定数・報酬の半減も疑問。市長と議会が相互に牽制(けんせい)することが日本の地方自治の柱ですが、片方が片方の人数を一方的に決められるとなったら、チェック機能は働きません。今の年収が絶対に良いとは思いませんが、地方としては給与の高い名古屋で税諸経費込みの800万円でどのレベルの人材がくるのか考えてみてください。

 市長と議会の緊張関係は地方自治のあるべき姿で、河村さんが一石を投じた意義は大きい。議会も自ら費用弁償を廃止するなど良い方向に変わってきました。でも河村さんは話し合いに一切応じず、石を投げ続けます。不況の時期に政治空白をいたずらに作ることがあっていいのでしょうか。市民は対立ではなく雇用対策などを求めています。

 河村さんは民主党ブームと軌を一にして当選しました。民主党は普天間や高速道路無料化などで大風呂敷を広げて結局何もできずに失望を生み、河村さんは「減税でサービス低下を招かない」としながら、ニーズがある第3子以降の保育料無料化をカットしようとした。規模は違いますが民主党政権と似ています。

                   ◇

 □名古屋市長 河村たかし氏

 ■減税で政治の「価格競争」

 片山さんは大蔵省出身で税金を分配する立場の人。減税は財務当局にとって分配権を取られることになるから、税金を上げるしかない。片山さんは減税のことを分かっていない。

 商売では良い物を安く売る価格競争を行うことで、改革が始まります。政治においては減税がそれに該当します。強制的に“代金”を取る政治の世界で減税して改革しなければ、税金の一部が公務員の高い給料、天下り先への支出に消えます。

 減税の意義は税金の使い道を市民が選択するという意味の民主主義の実現です。さらに名古屋の魅力向上と、生活支援ですね。

 減税の財源は行財政改革で確保して、市債を充てていないのに、減税を1年に限定した市議会は最悪です。

 第3子以降の保育料無料化の廃止も批判されましたが、子宮頸(けい)ガンのワクチン接種の補助など、ほかのサービスを盛り込んでいました。職員には来年度予算を減税が続く前提で組むよう指示しています。

 議会が予算案の「住んでちょう!ナゴヤ大作戦」を削減したことにも怒ってます。「名古屋で商売やって」「市民税が安い」とビラを配り、ポスターも張ろうとした。それをせず、どう景気対策をやるのか。

 議員報酬800万円が安い? 商売をやってみたらいいです。ラーメン屋のおやじさんは最初から、税金を1円ももらわず金を借りてやるんです。倒産したら家族で泣く。そういう競争から優秀なラーメン屋が生まれる。

 それに比べ議員は税金でメシが食える。報酬年額800万円でも優秀な人材は集まるし、嫌な人は辞めたらいい。政治は権力だから、長くやることが苦しいぐらいにして非家業化しないとだめです。わしも市長の年収を800万円に下げました。

 民主党がやっていることがいいとは言わないです。事業仕分けでペケ印つけても減税しなかったら、金を使う部署や省庁が変わるだけです。わしが総理だったら消費税を1%下げます。

                   ◇

 ■対立の経緯

 河村たかし名古屋市長は昨年11月、減税の条例案を市議会に提出。議会側は「市民サービスの後退につながる予算削減は行わない」「市債発行で将来世代に過度な負担を残さない」とする付帯決議を付けて原案通りに可決した。

 市長は今年2月、今年度予算案を提出したが、議会は第3子以降の保育料無料化などが廃止され、赤字市債の発行額が増額していることが決議に反すると批判。「財源不足を招く懸念がある」として、減税を今年度に限る改正条例案を可決、保育料無料化を復活させるなど予算案を組み替えた。

 議員定数・報酬半減の条例案も否決。市長は4月、定数半減を除く報酬半減と減税恒久化の条例案を提出するが、再び否決された。

【関連記事】
河村市長、独自候補擁立を検討 参院選で「減税日本」から
河村市長が地域新党「減税日本」名古屋市議選で過半数を
橋下新党、初陣飾る 大阪市議補選で「維新の会」広田氏が初当選
藤川優里ら濃い顔ぶれ続々…すっぴん見てみたい人ランキング
静岡7区敗北の自民・片山氏「大変申し訳ない」
iPadが上陸

閣議で「何らかの決定」=普天間移設の政府方針―鳩山首相(時事通信)
<大治町長選>「みんなの党」推薦の新人当選 単独では初(毎日新聞)
電通マン「好きだった」副業でフィリピンパブ(スポーツ報知)
SSのリンゴ砲攻撃に竹の棒で応戦?!負傷した捕鯨船団の乗組員が証言 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
西日本大雨、兵庫で記録更新 大阪では休校77(産経新聞)

政府系公益法人が対象、仕分け後半戦がスタート(医療介護CBニュース)

 政府系公益法人を対象とした事業仕分け第2弾の後半戦が5月20日午前、東京都品川区のTOCビルで始まった。社団法人や財団法人など70法人82事業が対象で、医療関連は航空医学研究センター、労災保険情報センター、中央労働災害防止協会の3法人。国会議員や民間有識者ら37人が2つのワーキンググループに分かれ、「廃止」「各自治体・民間の判断に任せる」など、「評価シート」を使って対象事業を評価する。後半戦は20、21、24、25日の計4日間行われる。


【関連記事】
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相
「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相
福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持-事業仕分け第2弾
「事業仕分け」第2弾スタート―行政刷新会議

<陸山会事件>検察審査員「起訴相当」11人、7月末全員交代 議決時期も注目(毎日新聞)
男性刺殺、知人男を逮捕=「金銭トラブルあった」―宮城県警(時事通信)
切断された両足見つかる…新潟の国道側溝(読売新聞)
<茨城空港>春秋航空と上海定期便の就航交渉 橋本知事、強い期待感(毎日新聞)
仕分け第2弾後半戦は73法人86事業 運転免許講習など対象(産経新聞)

<キトラ古墳>四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良(毎日新聞)

 奈良県明日香村のキトラ古墳(7世紀末~8世紀初め)の石室からはぎ取った四神の壁画が14日、奈良文化財研究所飛鳥資料館(同村奥山)で、事前に応募した幼稚園児と小中学生に公開された。四神のうち、石室の南壁に描かれていた朱雀が公開されるのは初めてで、一般公開は15日~6月13日。

 壁画はカビやはく落などで劣化が進んだため、04年8月からはぎ取り作業が始まった。朱雀は四神で最も遅い07年2月にはぎ取られ、村内の修理施設で保存作業が続いていた。06年から毎春、十二支や四神の一部が公開されてきたが、初めて青龍、白虎、玄武、朱雀の四神がそろった。

 朱雀は全長38センチで赤く彩色され、短い羽を広げて走っているような絵柄。見学した同県橿原市立畝傍東小6年、池田航基さん(11)は「とても神秘的な感じがした。古いものが残っているのが不思議だった」と話していた。

 開館は午前9時~午後6時(土曜は午後9時)。31日は休館。問い合わせはキトラりんりんダイヤル(050・7105・5355)。【高島博之】

【関連ニュース】
文化庁:高松塚とキトラ古墳保存へ検討会 東京で初会合
高松塚古墳:「飛鳥美人」など公開
平城宮跡:1300人の天平行列 色鮮やかな衣装まとい
織田信長:邸宅跡地で蒸し風呂の遺構見つかる 客を歓待?
平城遷都1300年祭:せんとくんも本番 主会場オープン

首相にふさわしい1位でも…舛添人気19%に後退(読売新聞)
土地改良区で着服、接待や「自民党費に使った」(読売新聞)
国側、和解協議入り表明=救済策提示は見送り―B型肝炎訴訟・札幌地裁(時事通信)
<JR旅客>6社が夏の臨時列車運行計画 本数は抑え気味(毎日新聞)
<イオン>中国の地震被災者に復興支援金(毎日新聞)

財務・業務状況の報告命令=日本振興銀の検査終了-金融庁(時事通信)

 金融庁が、中小企業向け融資などを手掛ける日本振興銀行(東京)に対し検査結果を通知し、財務・業務状況を確認するため、銀行法に基づく報告命令を発動したことが30日、明らかになった。同庁は検査結果を踏まえ、同行の報告内容を精査した上で、問題があれば行政処分も視野に対応する方針。
 金融庁は2009年5月に同行への検査に着手し、6月に立ち入り検査を開始。同年3月末時点の経営状況などを調べ、10年3月に異例の約10カ月間に及ぶ長期の立ち入り検査を終えていた。このほど最終的な検査結果を通知し、融資先企業の経営状況や保有債権の評価に関して問題点を指摘したとみられる。 

【関連ニュース】
67項目で規制改革=太陽光発電、医薬品ネット販売など
未公開株被害で官民連携=金融庁、日証協など情報共有
会計士資格に予備試験=就職支援で協会が改革案
段階的返済を促進=激変緩和措置公表
新銀行東京めぐり意見交換=政局の話も?

本場さながらのサンバに歓声 シズオカ・サンバカーニバル(産経新聞)
3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)
<石綿>ヤンマー製コンバインの部品に含有 無償交換へ(毎日新聞)
参院選、藤川市議擁立せず=自民(時事通信)
鳩山首相、ヘリ部隊の一部は徳之島に 高嶺議長らとの会談で(産経新聞)
プロフィール

Author:ミスターなおとほんだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。